横浜駅SF電子特典まとめました

『横浜駅SF』の電子書籍特典のお知らせです。
物理本だけでなく電子書店でも色々な特典をご用意しているので、電子版を考えている方はお得な特典をチェック!

◆全電子書店
特典① ⇒ 「横浜駅SF」前夜
横浜駅SF誕生のきっかけとなった湯葉先生のツイッターネタをまるっとまとめました。

◆BOOK☆WALKER
特典① ⇒ 「横浜駅SF」前夜
横浜駅SF誕生のきっかけとなった湯葉先生のツイッターネタをまるっとまとめました。

特典② ⇒ 大賞7作品すべて購入でコイン10倍
キャンペーン終了までに対象作品を全冊購入いただいたユーザーには、キャンペーン終了後コイン10倍をプレゼント!

特典③ ⇒ 湯葉先生のサイン入り、デジタルピンナップイラストデータ

です!

また、電子書店ではただいま、第1回カクヨムWeb小説コンテスト大賞7作品を一挙試し読みできる無料の電子書籍「カクヨムマガジン vol.1」を配布中です。
試し読んで気になったら他の作品もぜひどうぞ!
第1回カクヨムWeb小説コンテスト大賞7作品を一挙試し読みできる無料の電子書籍「カクヨムマガジン vol.1」と電子書店へのリンクはこちらから

スタンプラリーに参加して、横浜ビールやオリジナルグッズをもらおう!

オリジナルグッズがもらえるキャンペーンです。
スタンプラリーの方法や、景品の交換場所についての詳細は、また後日更新します!!
とりあえずスタンプラリー設置店舗ともらえる景品だけ……

発売日12月24日(火)より1月末まで、デジタルスタンプラリーを行います。
もらえる景品は3種類!

◆スタンプ2個◆
湯葉先生の書き下ろしショートストーリー付きクリアファイル
クリアファイルサンプル

裏面のショートストーリーのテーマはもちろん『横浜ビール』です。
A4サイズで表面はカバーイラストの大きいバージョンになっています。“持っていたら横浜駅系な人間になれる気がする”を目指しました。

◆スタンプ3&4個◆
横浜駅SFオリジナルカード
KB_yokohamaeki_suika_a

普通のプラスチックカードなので、決済やチャージは出来ません。間違えてピ、としないようにしてください。
ちなみに作中の Suika は体内埋め込み型なのでカードではありません。

◆スタンプ5&6個◆
横浜駅SF特製ラベル付き、横浜ビールorサイダー
ビールサンプル

数量限定です。
未成年者には問答無用でサイダーですが、お酒を飲めない方もサイダーをどうぞ。
ビールをお渡しする際には年齢確認する可能性もあるのでご了承ください。

しかも……
スタンプ6個たまったぞ~と、コンプリートした状態で有明まで行くと、
通常1本のところが3本セットになります。3本ももらえます。
ラベルは3種類作ろうかどうか、考え中です。

ここで、「スタンプ2個も貯められないよ~」という方にアドバイス。
スタンプラリー参加店舗の有隣堂(西口&ルミネ店&伊勢佐木町)で『横浜駅SF』を購入して、そのまま横浜ビール経営のカフェに行けばいい
のです。それで2個貯まりますから。
しかもこの有隣堂3店舗で購入すれば、特製「巻きますか?」ブックカバーももらえるので。お得!!
また、横浜ビール経営のカフェでは、別に飲食をしなければいけないわけではありません。スタンプ用のポスターは外にあるのでね。
しかし『横浜駅SF』の書籍をお持ちの方には嬉しい割引サービスも考えているとのことだったので、休憩がてら立ち寄ってみてください。

★スタンプ設置店はこちら★
A 有隣堂 横浜駅西口コミック王国
B 有隣堂 ルミネ横浜店
C 有隣堂 伊勢佐木町本店
D 驛の食卓 1階(桜木町/関内)
E 驛カフェ with ふくしまカフェ(馬車道駅直結)※食べログに飛びます
F ブレンドマイスターカフェ or 創菜Patio(ホテルサンルート有明)
F 「横浜ウォーカー」1月増刊号 誌面内(12/15発売)

Fのスタンプは、「ブレンドマイスターカフェ or 創菜Patio(ホテルサンルート有明)」と「横浜ウォーカー1月増刊号 誌面内」どちらからでもゲットできます。
有隣堂まで行くのはつらいよーという方は、横浜ウォーカーからどうぞ。ちなみに表紙は綾瀬はるかちゃんです。すごくかわいい。

『横浜駅SF』特設サイトを公開しました!

発売まであと約2週間。
他の大賞7作品もいろいろと施策内容が公開されはじめて、お祭り騒ぎのようになっていますね。

横浜駅SFも、発売に向けて色々と情報を発信していこうと思い、特設サイトを立ち上げました。
これで大きな情報も小さな情報も出し放題です。最新情報はここにどんどんアップしていくので、見逃さないようにしてください。
気になる特典やグッズの情報もまだまだあります。

※メモ※
デザイナーさんに「どんなイメージのサイトにしたいですか?」と聞かれ、「駅っぽく」としかいいようがなかった私のふわっとした意図を読み取ってくださってありがたい限りです。